読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年4月の読書記録・読書メーターまとめ

2016年4月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1533ページ
ナイス数:20ナイス

春の包帯少女1 (メテオCOMICS)春の包帯少女1 (メテオCOMICS)
読了日:4月13日 著者:佐藤ミト
春の包帯少女(2) (メテオCOMICS)春の包帯少女(2) (メテオCOMICS)感想
想像していたものとだいぶ違う話だった
読了日:4月13日 著者:佐藤ミト
誘爆発作(5) (シリウスKC)誘爆発作(5) (シリウスKC)感想
4巻の時から感じてたけど、下手に伸ばさないほうが良かったなぁ…。さすがにこのグダグダは酷い。さくっと終わらせていたら、隠れた良作になれたはずなのに。もったいない。
読了日:4月14日 著者:岡村星
今日のユイコさん(1) (アフタヌーンKC)今日のユイコさん(1) (アフタヌーンKC)感想
ユイコさん。どこまでも素直じゃないところが可愛い。この漫画好きだ~!
読了日:4月26日 著者:秀河憲伸
いぬやしき(1) (イブニングKC)いぬやしき(1) (イブニングKC)
読了日:4月26日 著者:奥浩哉
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (7) (電撃文庫)ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (7) (電撃文庫)感想
カトヴァーナ帝国は大体インドのあたり。ヤポニクは日本がモチーフだと理解したり、1巻と2巻の冒頭に繋がる前半に胸踊らせたりしたのも束の間。まさかこんな幕引きだなんて。ここから先をこれまで通り、これまで以上に上手く舵取り出来たら間違いなくラノベ史に名を残す作品になる…。/今まで読んだ読み物の中で1番神々しい組み合わせが崩れるなんて、思いもしなかった。やってくれたなぁ宇野さん…!すごいな、これが理解が追いつかない、という状況なのか…。
読了日:4月29日 著者:宇野朴人
ラブラブエイリアン (2) (ニチブンコミックス)ラブラブエイリアン (2) (ニチブンコミックス)感想
くだらない悪口の言い合いがほとんどなのに、たまに真面目に人生考えたり心を温かくさせたり、すごく面白い。まだまだネタいっぱいあるだろ!(笑)3巻出たら買うから出してね!
読了日:4月30日 著者:岡村星

読書メーター


漫画6冊、小説1冊でした。

良作になりかけていた「誘爆発作」が無謀な引き伸ばしにより、酷いことに。 一方同じ岡村星の「ラブラブエイリアン」は2巻も安定の面白さでした。 ダヴィンチにも取り上げられたようで、知名度上がれば上がるだけ評価上がるんじゃないか、というような作品です。内容はかなりブラックですけど、今の世の中的に受け入れられる内容です。相当面白いのでおすすめです。

夏からアニメが始まる「天鏡のアルデラミン」。7巻で第一部完となりました。これを読んであれこれ言うのは野暮というものです。 この作品は10年代最高のラノベ作品の1つです。確信しています。
今のところアニメは不安要素しか感じていませんが、内容は抜群ですのでどう転んでも原作を読みたくなると思います。 どうかお見逃しのないよう…。